おかあさんの底力 茨城7区 ながおか桂子 自民党
桂子のActionダイアリー

【2020年 11月 アーカイブ】

子ども宅食議連で田村厚生労働大臣に施策の継続等をお願いしに行きました。

11月26日

子ども宅食議連で田村厚生労働大臣に施策の継続等をお願いしに行きました。田村大臣が食事をするときに使う新型マスクをご披露下さいました。ネットで売っているそうです。

 

 

[ ながおか桂子事務所 ]

はりや力候補の応援に入りました。

11月25日

はりや力候補の応援に入りました。

はりや力候補は市長として働いた4年間で築いた人脈を使い、県と共に行う80haの工業団地の開発、古河市は民間企業(住友商事)と駅前や有休地の再開発をする計画を実行します。そこで増えた税収で市民サービスの向上をはかります。相手候補は市民にお金を配る作戦です。1世帯5万円、1人に1万円とのことです。総額44億円。古河市にそれだけの基金はありません。借金しなければ支給できないのが現実です。古河市の基金は第3波が来ていると言われる新型コロナ対策や自然災害が起きた時の復旧に使う為にあるものです。

騙されてはいけません!

はりや力の政策はこのように使われています。

〇新型コロナ対策。

〇景気対策。

〇子ども達のためのGIGAスクール構想。

 

*古河市の未来には「はりや力」が必要です!

[ ながおか桂子事務所 ]

森まさこ前法務大臣が「はりや力」の応援に入りました。

11月23日

森まさこ前法務大臣が「はりや力」の応援に入りました。

永岡桂子は針谷力を応援しています4年間真面目に市長の仕事をしてきた針谷候補、新型コロナ対策も県·国と共に力をいれています。

これからの計画は県と共に工業団地の開発、市だけではなく民間(実績のある企業)のノウハウと一緒に古河の再開発をする協定を結んでいます。増えた税収で住民サービスの充実をはかります。他候補はばらまきの1世帯に5万円、一人につき1万円の金額は43億円程掛かるそうです。古河市が積み立てている金額を全て取り崩しても足りません。積み立ているお金は、万が一災害が起きた時に使う為に取ってあるものです。岡崎市の新市長のように実行不可能な公約は詐欺のようです。とても残念な市長選挙になってしまいました。

「はりや力」選挙事務所に激励に訪ねてくれた森まさこ前法務大臣との記念写真です。

 

 

[ ながおか桂子事務所 ]

古河市長選挙が告示されました。

11月22日

古河市長選挙が告示されました。23日から期日前投票が出来ます。

みんなで投票に行きましょう。

[ ながおか桂子事務所 ]

寒蘭の展示会 運送会社の安全講習会に出席しました。

11月21日

*寒蘭の展示会が古河市のユーセンターで開かれています。冬に花咲く落ち着いた日本の蘭をお楽しみください。

 

*今年度、運送会社の安全講習会に出席しました。針谷市長共々御挨拶です。

 

[ ながおか桂子事務所 ]