おかあさんの底力 茨城7区 ながおか桂子 自民党
桂子のActionダイアリー

【活動報告 カテゴリー】

茨城県の新型コロナウイルス対策の現状

7月13日

東京都では200人を越える新型コロナウイルス陽性者が出ている流れか、茨城県でも数人の陽性者が毎日発生しています。そこで茨城県の新型コロナウイルス対策の現状を保健福祉部長から伺いました。第2波対策など意見交換をしました。コロナ患者を受け入れている病院もそうでない病院も収入が減っています。経営状態の改善策を探ります。

 

 

[ ながおか桂子事務所 ]

コロナ禍での茨城県の農業について意見交換をしました。

7月8日

茨城県農業協同組合中央会新役員の皆様が会館にいらっしゃいました。八木岡努会長はJA水戸代表理事組合長。風見晴夫副会長は私の地元、JA岩井代表理事組合長さんです。コロナ禍での茨城県の農業について意見交換をしました。

 

 

 

[ ながおか桂子事務所 ]

自民党役員連絡会

7月7日

火曜日は自民党役員連絡会です。私と葉梨先生、上月先生は副幹事長として、岡田先生は参議院副会長として出席しています。茨城県の国会議員が四人も出席しています。常総市長選挙で現職の神達候補の応援で御世話になった下村選対委員長に感謝の意をお伝えしました。

 

 

 

[ ながおか桂子事務所 ]

自民党母子寡婦福祉対策議員連盟の役員会

6月9日

私が会長をつとめる自民党母子寡婦福祉対策議員連盟の役員会を開きました。今年はコロナ禍のために全母子協の総会が中止になり、恒例になっていた議員と各地域の理事長さん達との懇談会も諦めざるをえませんでした。代わりに今年は役員会を開きました。議連の成果として、昨年末の税制改正で寡婦控除を男女の区別無く公平に、今まで対象でなかった未婚の1人親にも控除を拡大でき、1人親控除としました。

また、第2次補正予算では低所得(児童扶養手当支給対象)の1人親家庭に1人目が5万円、2人目以降は3万円ずつ支給される事になり、コロナ騒ぎで解雇、雇い止めで所得額が児童扶養手当を支給される程度まで落ち込んでしまった家庭にも5万円が支払われる様に調整ができました。これからは全母子協が要望中の養育費の勉強会を続けて行きます。

 

[ ながおか桂子事務所 ]

「農民の健康を創る会」 「養育費不払いの速やかな解消に向けた提言」

6月5日

日本農業新聞に前日の議員連盟「農民の健康を創る会」の記事が掲載されていました。私が発言したことも記事になっています。

 

「養育費不払いの速やかな解消に向けた提言」を森法務大臣にお渡ししました。

 

[ ながおか桂子事務所 ]