おかあさんの底力 茨城7区 ながおか桂子 自民党
トップページプロフィール基本政策アクションダイアリーご意見フォーム国会見学案内リンク
リンク
昭和28年12月8日生まれ
昭和51年 学習院大学法学部卒業
平成17年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
    初当選
    衆議院総務委員・文部科学委員 自由民主党女性局次長
平成18年 農林水産大臣政務官
平成20年 自民党 政調・農林部会 畜産・酪農対策副委員長
     国家戦略本部 農山漁村の自立と共生PT幹事
平成21年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
二期目当選
衆議院文部科学委員 経済産業委員 北朝鮮拉致問題特別委員
自民党 総務会総務 広報戦略局次長、女性局次長
平成22年 自民党 政調・内閣部会長代理(消費者・食品安全担当)
     経済産業副部会長、無駄撲滅プロジェクトチーム委員
平成23年 自民党 政調・内閣部会専任部会長代理(少子化、男女共同、消費者、食品安全担当)
平成24年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
三期目当選
衆議院 消費者問題に関する特別委員会 筆頭理事
自民党 国会対策副委員長
自民党 厚生労働部会長代理
平成25年 衆議院 議院運営委員会 理事 青少年問題に関する特別委員会 筆頭理事
平成26年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
四期目当選
厚生労働副大臣(第2次安倍改造内閣及び第3次安倍内閣)
平成27年 自由民主党 政調副会長
平成28年 衆議院文部科学委員長

【家族構成】 長女・次女と3人家族
  【趣味】 水泳・テニス・音楽鑑賞
  【血液型】 A型

【主な役職】  
    自由民主党 政調・内閣第一部会長
消費者問題調査会副会長兼事務局長
茨城県連女性局長
茨城県第七選挙区支部長
母子寡婦福祉対策議員連盟 会長
農民の健康を創る会 幹事
日本・コロンビア友好議員連盟事務局長


ながおか桂子さんって名前は知ってるけど、

忙しくってなかなか政治の詳しいことまではわからない。

そんな人のために3分でながおか桂子のすべてがわかるQ&Aです。
ながおか桂子
Q1.ながおか桂子ってどんな人?

A1. 平成17年初当選。厚生労働副大臣、農林水産大臣政務官として活動

衆議院議員だった夫、故・永岡洋治の志を受け継ぎ、平成17年総選挙に初当選し衆議院議員になりました。

平成18年には、農林水産大臣政務官に一期生ながら抜擢されました。(大臣・副大臣に次ぐ政府の役職。普通は、2回生や3回生になって初めて政務官になるので、とても珍しいケースとして話題になりました。)

その後も平成26年9月 厚生労働副大臣を拝命し、医療・介護・福祉を始め、国民生活に直結する社会保障政策に全力で取り組んでいます。

また2人の子供を育てた主婦でもあり、そうした経験から子育て支援、教育、福祉などをライフワークとしています。

Q2.どんなことをやってきたの?

A2. 地球温暖化対策、子育て支援、福祉や消費者問題の分野で実績を残しています。

農水省の地球温暖化・森林吸収源対策本部長として「地球温暖化対策総合戦略」を取りまとめるなど、政府の一員として活動しました。

また、子育て支援を得意分野として、これまで、学童保育の拡充、教育問題等に取り組み、持論である「幼児教育の無償化」は、党のマニフェストにも取り入れられるなど、積極的な働きかけを行ってきました。

自民党母子寡婦福祉対策議員連盟の会長として議員立法「母子家庭の母・父子家庭の父の就業支援特別措置法案」を立案し、各党との協議をまとめ、平成24年9月7日に全会一致で成立させることができました。

厚生労働副大臣として、感染症法改正案の国会審議に臨み、平成26年11月に成立致しました。

Q3.ながおか桂子が今後やりたいこととは?

A3. 常に生活者の目線で、地域の課題から全国的な問題までやるべきことはいっぱいあります。

「安心できる日本」を目標に掲げ、特に地域の安心、子育ての安心、年金、医療、介護などの安心を目指し、政策提言を行っています。

具体的には、子育て世代のための幼児教育の無償化の推進、食の安心安全や消費者被害の防止、持続可能な社会保障制度にするための政策提言などを行い、政府や党執行部にも提案が反映されました。今後も、それらの政策を実行するため、全力を尽くしたいと考えています。

また地域の課題に積極的に取り組み、圏央道の早期整備をはじめ、安全な通行のための道路整備、河川の防災対策、学校耐震化や農業支援など、暮らしの向上を図るための取り組みを行っています。

最後に、ながおか桂子より ひとこと。
 

皆さん、こんにちは ながおか桂子です。

初当選以来、こうして様々な分野で仕事をさせていただけるのも皆さまのご支援があればこそです。感謝の気持ちを常に持ち続け、もしそれを忘れてしまったら、政治家として失格だと考えております。 誰もが安心して子供を産み育てられ、誰もが安心して歳を重ねる、当然のことだけど、私はそんな社会を目指しています。そして努力と才能が反映される社会、誰もがチャレンジできる環境によって日本の活力はもっと発揮されると信じています。

これまでを振り返って、一つ言える事があります。それは、私たちが生活の中で感じた素朴な疑問が実は一番重要な問題提起だということ。政策通の大物議員や省庁の幹部に対しても気負いなく素直に疑問をぶつけてみると案外一番核心を突いていたということがよくあります。だから私たちが日々感じていること、皆さんの声が私にとって「一番の武器」です。もし皆さんの声が聞けなければエネルギー切れになってしまいます。是非、これからも気軽に声をお聞かせ下さい。

子供たちや孫たちが大人になったとき、彼ら彼女らが、日本が大好きで、日本人を信じることができる、そんな誇りある日本へ今こそ歩みだす時です。


このページのトップへ