おかあさんの底力 茨城7区 ながおか桂子 自民党
トップページプロフィール基本政策アクションダイアリーご意見フォーム国会見学案内リンク
□圏央道の早期4車線(片側2車線)化、アクセス道路の整備
平成29年2月、圏央道の茨城県区間が全線開通しました。もっとも、多くの区間では2車線(片側1車線)となっており、重大事故や渋滞が多発しています。道路のもつ力を最大限に発揮するため、早急な4車線(片側2車線)化に向けた取組みを進めます。
□利根川、鬼怒川、小貝川等の防災対策
平成27年関東・東北豪雨災害から2年が経ちました。二度と災害が起こらないよう国・県・市町が一体となって対策を進めるため、鬼怒川緊急対策プロジェクトとして約600億円の予算を確保しました。このプロジェクトを着実に実施し、利根川、鬼怒川、小貝川等の堤防整備等を進めます。
□上下水道の管路更新、耐震化促進
蛇口をひねればおいしい水が出るのは私たちにとってあたりまえのこと。しかし、高度経済成長期に多く作られた水道管は老朽化が進んでいます。予算の十分な確保等を通じて、設備の更新・耐震化を進めます。
□結婚から妊娠・子育てまで切れ目のない支援・少子化対策
昨年一年間に生まれた子どもの数は、約97万7千人と過去百年間で初めて100万人を下回りました。結婚・妊娠・出産・子育て・教育などへのあらゆる不安や障壁を取り除き、結婚し子をもつという希望がかなえられる社会にします。また、自治体による出会いをサポートする取り組みを強力に支援します。
□給付型奨学金のさらなる充実、幼児教育の無償化推進
今年4月からスタートした給付型奨学金制度の支給額や対象者のさらなる拡大に努めるとともに、数年来取り組んできた幼児教育の無償化を必ず実現させます。
□農家の所得向上、農業の体質強化
茨城県は、農業産出額全国2位の農業県。日本の食卓を支えて頂いている農家の方々の所得向上を図るとともに、農業農村の整備促進や輸出強化を図り、強い農業づくりを進めます。
□関鉄常総線とつくばエクスプレスの相互乗り入れ、
 地下鉄8号線の延伸等の鉄道整備
昨年国土交通省の交通政策審議会でとりまとめられた「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」において、8号線の延伸についての文言が記載されました。 こうした構想や、常総線とTXの相互乗り入れ構想の実現に向けた取り組みを前に進めます。
□茨城県の魅力発信
民間企業が実施した調査では、茨城県は残念ながら魅力度ランキング最下位。 しかし、茨城県は東京から近く、農業産出額は全国2位、新規工業立地面積も全国1位と全国有数の力をもっています。知事や市町長と一体となって、全国に向け茨城県の魅力をPRします。
□テロ・サイバー犯罪・交通事故対策で世界一安全な国・ニッポンへ
2020年の東京五輪に向けて、テロやサイバー犯罪撲滅のための取組みを進めるとともに、交通事故のさらなる減少に向けた対策を強力に進めます。
□消費者教育、主権者教育の充実
昨年から選挙権が18歳以上に拡大されるとともに、来年には成人年齢を18歳以上とする民法改正案が国会に提出される見込みです。こうした変化に対応し、消費者としての権利や義務、消費者保護政策等について理解を深めるとともに、主権者としてわが国の課題に対し自ら考える力等を身に着けるための教育を進めます。