ながおかのビジョン

ながおか桂子 最終最後のお願い


2021年10月の選挙戦の模様はこちら

おしらせ&トピックス

ながおか桂子のプロフィール

昭和28年12月8日生まれ
昭和51年 学習院大学法学部卒業
平成17年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
  初当選
  衆議院総務委員・文部科学委員 自由民主党女性局次長
平成18年 農林水産大臣政務官
平成20年 自民党 政調・農林部会 畜産・酪農対策副委員長
国家戦略本部 農山漁村の自立と共生PT幹事
平成21年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
二期目当選
衆議院文部科学委員 経済産業委員 北朝鮮拉致問題特別委員
自民党 総務会総務 広報戦略局次長、女性局次長
平成22年 自民党 政調・内閣部会長代理(消費者・食品安全担当)
経済産業副部会長、無駄撲滅プロジェクトチーム委員
平成23年 自民党 政調・内閣部会専任部会長代理(少子化、男女共同、消費者、食品安全担当)
平成24年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
三期目当選
衆議院 消費者問題に関する特別委員会 筆頭理事
自民党 国会対策副委員長
自民党 厚生労働部会長代理
平成25年 衆議院 議院運営委員会 理事 青少年問題に関する特別委員会 筆頭理事
自民党 消費者問題調査会事務局長
平成26年 衆議院総選挙に出馬(自由民主党公認)
四期目当選
厚生労働副大臣(第2次安倍改造内閣及び第3次安倍内閣)
平成27年 自由民主党 政調副会長
平成28年 衆議院文部科学委員長
平成29年 自由民主党 政務調査会内閣第一部会長
五期目当選
平成30年10月 文部科学副大臣
令和元年 9月 自由民主党副幹事長
令和2年10月 衆議院 消費者問題に関する特別委員長
【家族構成】 長女・次女と3人家族
【趣味】 水泳・テニス・音楽鑑賞
【血液型】 A型
【主な役職】  
衆議院 前 消費者問題特別委員長
自由民主党 茨城県連女性局長
茨城県第七選挙区支部長
議員連盟 母子寡婦福祉対策議員連盟 会長
農民の健康を創る会 幹事
日本・コロンビア友好議員連盟事務局長

ながおか桂子の確かな実績の一部

コロナ禍、命と生活を守ることに全力。

医療分野

  • 河野ワクチン担当大臣(当時)などとの連携による接種促進
  • クラスターが発生しやすい施設入所者への優先接種拡大
  • 地元病院の検査体制整備に向けた国との調整
  • 経営難に陥った病院支援で地域医療を守り、患者を守る
  • PCR検査の拡充(例:院内感染を防ぐための入院時PCR検査)

医療分野以外

  • 低所得の子育て世帯への給付金(子ども一人につき5万円)等実施、さらに幅広い世帯への支給を求めています!
  • 支援対象児童等見守り強化事業の創設・拡充
  • 地方創生臨時交付金による地域独自のコロナ対策支援→ダブルプレミアム商品券などへ
  • 農業支援の創設・拡充

防災・減災で命と生活を守る。

  • 鬼怒川緊急対策プロジェクト(5年780億円)予算確保・完遂
  • 利根川・渡良瀬川などの堤防等整備
  • 結城市田川水門整備
  • 地震以外でも被災病院の復旧補助拡大
  • 境町利根川左岸河川防災ステーション整備
  • 流域治水によって、さらに安全な地域へ

文部科学副大臣として、国の基礎たる科学技術と教育の振興!

  • GIGAスクール構想の拡充・充実
  • 幼児教育無償化の実現
  • 企業主導型保育の拡充
  • QST(量子科学技術研究開発機構)において量子生命科学領域発足を主導
  • I T E R(核融合実験炉)準備の支援。これからのエネルギーの研究の充実
  • 小中学校就学援助制度等の活用促進

ともにコロナ禍を越え、未来を創るながおか桂子の明確なビジョン

(2021年現在)

1.活力ある地元を創り、住民の皆様の命と生活を守る。
  • 市街地の活性化、地場産業・特産品の振興
  • 通学路を含む地域の交通インフラの安全な整備
  • 農家の所得向上、輸出促進、食料自給率向上
  • 工業団地等へのアクセス道路整備、圏央道の4車線化の早期完遂、IC周辺整備などの地域振興
  • 災害に強いインフラの構築・長寿命化
  • 残土問題・不法ヤードなど強力な法規制、体制整備
2.確かな内政で国民・国の未来を創る。
  • コロナ禍に苦しむ家庭と事業者を支える大胆な財政支出
  • 所得再分配を通じた分厚い中間層の復活
  • 経済安全保障を強化し、どのような事態にも備える
  • 人口減少・少子高齢化対策を政治の中心に
  • デジタル化の推進、ITリテラシーの向上
  • 介護従事者、保育士などのエッセンシャルワーカーの給与向上
3.確かな外交で命と生活を守る。
  • 普遍的価値(自由、民主主義、基本的人権、法の支配、市場経済)に基づく外交の重視
  • 北朝鮮拉致被害者の即時一括帰国
  • 竹島・尖閣諸島・北方領土における我が国の主権の確保
4.憲法改正(三原則は変えぬまま四項目の改正)
  • 自衛隊を憲法上に位置付け、平和を守る
  • 緊急時に即座に政府が対応できるよう緊急事態条項の整備
  • 子どもたちの学びを支え、希望する教育を受けられる国へ
  • 地方の声を重視する選挙制度へ

随時更新中!

友だち追加 友だち追加
Youtubeチャンネル Youtubeチャンネル